コーヒードリッパー|種類と違い|選び方

家庭で手軽に美味しいコーヒーを淹れるのに欠かせないのがドリッパーです。
ドリッパーを選ぶときのヒントが、種類に応じた味わいの違いです。
自身の好みの味わいをヒントに、自身に合ったドリッパーを見つけてみましょう。

コーヒードリッパーの種類と違い

コーヒードリッパーと言っても、幾つか種類があります。
コーヒードリッパーの種類はおおよそ以下の4種類に分類できます。

  • メリタ式:台形で1つ穴、リブは縦の直線型。
    穴が1つのため、正確で安定した速度で抽出されるため、しっかりした味わい。=味がブレない。

  • カリタ式:台形で3つ穴、リブは縦の直線型。
    穴が3つのため、お湯が1つ穴より早く流れるので過剰抽出になりにくいため、雑味が出にくい。
    メリタ式との違いは、お湯の注ぐスピードで味をコントロールできる。=速度で味がブレることもある。

  • ハリオ式:円錐形で大き目の1つ穴、リブはらせん状。
    穴が大きいためお湯がそのまま落ちやすく、注ぐスピードで味わいを変えることができる。

  • コーノ式:円錐形で大き目の1つ穴、リブは縦の直線型がドリッパーの下部にのみ。
    ハリオ式よりもお湯が落ちる速度が少し早く、スッキリした味わいに仕上がる。

それぞれ形状に違いがあり、味にも違いが出てきます。
ご自身の好みにあった種類をお選びいただければと思います。

コーヒードリッパーの選び方

コーヒードリッパーの選び方のヒントは、自身の味の好みです。※素材やデザインもありますが。
自身の好みの味わいに合わせたドリッパーを選ぶことです。
スッキリした味わいのコーヒーが好みの方はハリオ式・コーノ式、
しっかりした味わいのコーヒーが好みの方はメリタ式、
どちらも好きという方は、お湯の注ぐ速度で味わいをコントロールできるカリタ式・ハリオ式・コーノ式、で試してみてはいかかでしょう。
ドリッパー

まとめ

自身の好みの味わいに合わせてドリッパーを選ぶことで、家庭でも手軽に簡単に美味しいコーヒーを淹れることができます。
自身の好みのコーヒーってどんなのだろう?なんて想像しながら選ぶといいかも知れません。
最後に、ドリッパーを使うときには、ドリッパーに合わせた紙フィルターを使用するようにしましょう。

メリタ用ペーパーフィルター

カリタ用ペーパーフィルター

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kalita(カリタ) ペーパーフィルター102(40枚入り)
価格:151円(税込、送料別) (2020/11/21時点)

楽天で購入

ハリオ用ペーパーフィルター

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハリオ V60用ペーパーフィルター01W 1-2杯用 VCF-01-100W(100枚入)【ハリオ】
価格:374円(税込、送料別) (2020/6/20時点)

楽天で購入

コーノ用ペーパーフィルター

Advertising