iDeCo|法改正により2022年から変わること

・iDeCoにかかる法改正で何が変わるのか?
・法改正はいつから?

このようなお悩みにお答えします。

本記事では、2022年からiDeCoにかかる法改正について以下の内容を解説します。

1.iDeCoにかかる法改正で2022年から変わること
2.iDeCoの受け取り開始時期の拡大
3.iDeCoの加入可能年齢の拡大
4.企業型DC加入者のiDeCo加入要件の緩和
5.iDeCoと企業型DCを併用するメリットとデメリット

iDeCoにかかる法改正で2022年から変わること

就労年齢が拡大する中で、60歳以降の働き方に変化が生じ始めています。
働き方の変化に伴い、企業や個人が制度を活用できるように制度の見直しが行われます。
iDeCoにかかる主な改正内容は以下のとおりです。

1.iDeCoの受け取り開始時期の拡大(2022年4月1日施行)
2.iDeCoの加入可能年齢の拡大(2022年5月1日施行)
3.企業型DC加入者のiDeCo加入要件の緩和(2022年10月1日施行)
それでは、上記について詳しく確認していきましょう。

iDeCoの受け取り可能時期の拡大

現在(2021年)、iDeCoの資産の受け取りは60歳から70歳までの間に開始しなければなりません。

・2022年4月から、60歳から75歳までの間でご自身で選択することができるように上限年齢が引き上がります。

iDeCoの加入可能年齢の拡大

現在(2021年)、iDeCoに加入できるのは60歳未満の公的年金の被保険者です。

・2022年5月から、iDeCoに加入できる年齢が65歳未満に拡大されます。
・国民年金に任意加入していれば、海外居住者も加入できるようになります。

但し、iDeCoに65歳まで加入できるのは国民年金の被保険者のみです。

企業にお勤めの方(≒第2号被保険者)以外の自営業または専業主婦(≒第1号・3号被保険者)は60歳で国民年金被保険者でなくなるため、65歳までiDeCoに加入するためには国民年金に任意加入が必要です。

iDeCo法改正

企業型DC加入者のiDeCo加入要件の緩和

これまで企業型DC加入者がiDeCoに加入できるのは、「企業型DCとiDeCoの併用を認める規約を定めている」か「マッチング拠出(企業が拠出している掛金に、従業員自身で掛金を上乗せできる制度)をしていない」などの条件をクリアしている企業の従業員に限られていました。

・2022年10月から「規約の定めがなくても」「マッチング拠出を導入していても」企業型DC加入者がiDeCoを併用できるようになります。
但し、注意点が幾つかあるため確認していきましょう。
  1. 企業型DCとiDeCoを併用する場合に掛金に上限があり、2つの掛金額の合計は月額55,000円まで。

    企業型DCのみに加入している場合 企業型DCと確定給付型に加入している場合
    企業型DCの事業主掛金額の上限(ア) 55,000円(月額) 27,500円(月額)
    iDeCoの掛金額の上限(イ) 20,000円(月額) 12,000円(月額)
    (ア)+(イ)を併用した場合の掛金の上限 55,000円(月額) 27,500円(月額)
  2. 企業型DC加入者がマッチング拠出を選んでいる場合
  3. 企業型DCの会社掛金額が限度額に達している場合
  4. 企業型DCの会社掛金が年単位での拠出になっている場合

最後に、iDeCoと企業型DCを併用するメリットを確認しましょう。

iDeCoと企業型DCを併用するメリットとデメリット

iDeCoと企業型DCを併用するメリットとデメリットはそれぞれ以下のとおりです。

iDeCoと企業型DCを併用するメリット

メリットは何と言っても、掛金額を増やすことできる点です。
掛金額の全額が所得控除できるため、掛金額が多いほど所得税や住民税の節税につながります。

特に企業型DCの掛金額が少額の方の場合、併用するメリットがあります。
また、企業型DCの商品ラインナップが、ご自身の希望に合わないときにiDeCoを検討するのもよいでしょう。

iDeCoと企業型DCを併用するデメリット

デメリットは、iDeCoの口座管理手数料が自己負担という点です。
加入時に3,000円ほど、毎月数十円から数百円ほど費用が発生します。
そして、管理する口座が企業型とiDeCoを合わせて2つを管理する必要があります。

iDeCoと企業型DCを併用するか、企業型DCにマッチング拠出をするかは、会社掛金の金額によって判断するとよいでしょう。
金額の目安は、企業型DCの会社掛金額が月額20,000円以下となります。

まとめ

2022年から段階的に制度が緩和されて加入者にとって活用しやすい環境に変わります。
ご自身の加入状況を確認してこの機会を有効活用しましょう。

1.2022年4月1日からi、DeCoの受給開始年齢が60歳~75歳の間に選択ができるようになる。
2.2022年5月1日から、iDeCoに加入できる年齢が65歳未満に拡大される。
3.2022年10月から、企業型DC加入者がiDeCoを併用できるようになる。

 

Advertising