NISA(ニーサ)とは?|NISAとつみたてNISAはどちらを選ぶべき?

・NISAをってはじめた方がよいの?
・つみたてNISAとは?
・NISAとつみたてNISAはどちらを選ぶべき?
このようなお悩みにお答えします。
1.NISAとは?
2.つみたてNISAとは?
3.NISAとつみたてNISA、新NISAとの違い
4.NISAとつみたてNISA どちらを選ぶべきか?
5.NISAのはじめ方

NISA(ニーサ)とは?

Nippon Individual Saving Account の愛称で、「少額投資非課税制度」のことです。
個人投資家のための税制優遇制度で、株式や投資信託の投資金における売却益や配当金への税率を年間120万円まではゼロとする制度です。
2014年1月にスタートし、2023年まで最長5年間の投資期間となっていました。

 

NISA期間

出典:NISAの概要|金融庁

ところが、新NISAが発表されて非課税期間が2028年まで延長されるとともに、2024年以降は制度の内容が変わることになりました。
変更内容は、2階建てで年間122万円まで、非課税期間は従来と同じ5年間です。

2階建てというのは、1階部分に投資しないと2階部分が使えないという縛りで、それにより個人投資家のリスク低減及び長期投資の推進を計る狙いがあります。
1階部分は限られた低リスク商品で20万円まで、2階部分は従来のどおり株式などで102万円まで、となっています。

NISA(ニーサ)の種類

NISA(ニーサ)は3種類あり、それぞれ投資期間や非課税額に違いがあります。自身に合わせたプランを選択することができます。

・一般NISA(ニーサ):投資金額は年間120万円まで非課税で、投資期間は最長5年間。
・つみたてNISA(ニーサ):投資金額は年間40万円まで非課税で、投資期間は最長20年間。
・新NISA(ニーサ):投資金額は年間122万円(1階:20万円、2階:102万円)まで非課税で、投資期間は最長5年間ですが、1階部分のみ5年経過してからつみたてNISAにロールオーバー(乗り換え)することができます。

※利用対象者は20歳以上の日本居住者などです。

NISA(ニーサ)の投資対象

NISA(ニーサ)の種類によって、投資対象商品も変わってきます。

・一般NISA(ニーサ):主な投資対象は株式と投資信託
・つみたてNISA(ニーサ):金融庁が定めた投資信託
・新NISA(ニーサ):1階がつみたてNISA対象商品、2階が株式と投資信託(値動きの激しいレバレッジ型などは対象外)

NISA(ニーサ)のメリット

NISA(ニーサ)の種類に限らず最大のメリットは、NISA口座で購入した金融商品の配当金・譲渡益などが非課税になることです。
例えば、投資で利益10万円を得たときに通常は手元に残るの利益は8万円程度です。しかし、NISA口座の場合は10万円がそのまま残ります。

NISA(ニーサ)のデメリット

NISA(ニーサ)口座は一人一口座しか開設できません。
新規での投資が対象で、現在保有している株式や投資信託をNISA口座に移すことはできません。
NISA(ニーサ)で取引した損益は、他の口座(一般口座や特定口座)との損益通算ができません。

次に、つみたてNISAについて詳しくみていきましょう。

つみたてNISA(ニーサ)とは?

つみたてNISAは、その名のとおり継続的に積み立てることを目的としています。

・投資金額は年間40万円まで非課税で、投資期間は最長20年間です。
・投資対象は、金融庁が定めた投信信託です。

次に、NISAとつみたてNISA、新NISAの違いをみていきましょう。

NISAとつみたてNISA、新NISAの違い

NISAとつみたてNISA、新NISAの違いは以下のとおりです。

NISA つみたてNISA 新NISA
加入資格 20歳以上の国内居住者
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円 年間122万円(1階:20万円、2階:102万円)
非課税期間 5年間 20年間 5年間(1階部分のみ5年経過してからつみたてNISAに乗り換え可能
口座開設可能期間 2023年まで 2042年まで 2024年から2028年まで
投資対象商品 投資信託・国内株式・外国株式など 金融庁が定めた投資信託・ETF 1階:つみたてNISA投資対象商品
2階:NISA投資対象商品
口座開設可能数 1人1口座

NISAとつみたてNISA どちらを選ぶべきか?

結論から申し上げますと、一概にどちらが有利とは言えません。
理由は、個人ごとに状況が異なるためです。具体的には、年間で投資にまわすことができる金額と投資にスタイルより分かれます。

非課税投資枠の単純計算の側面では、NISAは年間120万円×5年間で合計600万円、つみたてNISAは年間40万円×20年間で合計800万円です。
年間40万円しか投資できず、毎月コツコツ積立たい方はつみたてNISAの方がよいでしょう。

投資対象で外国株式などを購入されたい方は、NISAや新NISAを選ぶ必要があります。

NISA(ニーサ)のはじめ方

NISA(ニーサ)を始めるにはNISA口座を開設する必要があります。
NISA口座は証券会社または銀行で開設することができます。
証券会社は手数料がやすく手軽に始められるネット証券と、証券マンと相談ができる店舗型があります。
個人的には手数料がやすく、優良な商品が豊富なネット証券での開設がおすすめです。
筆者は楽天証券でNISA口座を開設して使用しています。

NISA口座の開設手順

  1. ネット証券に総合口座を開設
  2. NISA口座開設の資料を請求
  3. 書類に必要事項を記入して提出
  4. 税務署での審査後、NISA口座が開設される

NISA口座が開設されたら、投資信託や株式の商品を購入できるようになります。

NISA口座で非課税期間が終了した場合

NISA口座の非課税期間が終了し、そのままにしていると通常の口座(特定口座)に移されます。
非課税期間の間に値上がりした分については、通常の口座に移る際に課税対象となりませんのでご安心ください。
そのため、非課税期間が終わるからといってすぐに売却する必要はありません。

まとめ

NISAをはじめるのを迷われている方がいたら、まずは始めてみることをオススメします。
口座開設から商品購入までも全てネット上で完結できますので、一歩踏み出してみましょう。

1.NISA(ニーサ)は少額投資非課税制度のこと
2.運用で得た利益の税金20%を非課税にできる
3.NISA(ニーサ)には一般NISA、つみたてNISA、新NISAの3種類がある
4.どのNISAを選ぶべきかは、個人ごとの状況によって異なる
5.ネット証券で手軽に口座開設ができる

Advertising